生命科学視点を応用し、組織における女性の活躍を推進する方法

生命科学視点を応用し、組織における女性の活躍を推進する方法

対象

リーダー、管理職候補、管理職

目的

組織の女性メンバー達を味方につける。女性メンバー達が自発的に組織や仕事に関わるようなチームを作る。

プログラムの特徴

組織における女性活躍の目的が分からない、理解しているが具体策がない、推進しているが行き詰まっている。
これらの課題に対し、生命科学的視点で組織における女性への効果的なコミュニケーション戦略を学ぶことができるシティリビングオリジナルの組織マネジメントプログラムです。

内容

「女性だから」という理由だけで女性を特別視し、扱いにくい存在にしていませんか?
 
・女性だから細やかな気遣いができる
・女性だからプライベートを重視する
・女性だから雑談が多い
・女性だから感性が豊か、感情的
 
こういったラベルを貼ることで人として見ること、理解することを止めてしまうとコミュニケーション齟齬が起こります。
また、下記のようなアプローチも組織崩壊のリスクを伴います。
 
・組織内で上手くいっていない女性メンバーとのコミュニケーションを深めようと飲みに誘う
・女性メンバー達の中のキーパーソンを優遇する
 
本プログラムでは人間関係を「敵」「他人」「味方」の三つに分け、
女性メンバーをいかに「協力してくれる他人」もしくは「味方」にするかについて生命科学的視点で解説します。
 
多様性を見つめ直し、活かすことで成果の上がるチームを作るシティリビングオリジナルプログラムです。

 

お気軽にお問い合わせください