女性のココロをつかむ”感性” と”スキル” を磨く「女性視点マーケティング研修」

女性のココロをつかむ”感性” と”スキル” を磨く「女性視点マーケティング研修」

対象

女性向け商品の企画開発、販売促進、店舗運営、接客販売に関わる人すべて

目的

消費財の8割のブランド決定権を女性が握るといわれる時代。女性のココロがわからなければ、女性に支持され売れるモノづくり、店づくりはできません。男女の買い物価値観の違いや女性のココロをつかむ8つのキーワード、提案手法など、身近な事例を交えながらわかりやすくレクチャーいたします。商品企画やマーケティングに関わる人材だけでなく、営業や販売、正社員からパートスタッフまで、全社員を対象に行い、新たな商品企画や販売促進に成功している企業も多数。マーケティング思考を持って行動できる人材、組織をつくります。

プログラムの特徴

男性脳と女性脳を比較しながら、具体的事例をもとに親しみやすく解説していきます。対象企業・業界の課題を盛り込んだカスタマイズ研修、90 分の講義スタイルから課題解決のためのワークショップを盛り込んだ3時間~の研修まで
1.市場における女性の影響力
2.女性客のココロをつかむと売り上げが上がる理由
3.男女の買い物価値観の違い
①スペックにこだわる男性、イメージにこだわる女性
②勝負にこだわる男性、共感したい女性
③結果がよければいい男性、買い方にこだわる女性
4.女ゴコロをつかむ8つのキーワード
幸せ・育む・選ぶ・共感・誠実・特別・ご褒美・学ぶ
5.女ゴコロをつかんだ商品・店舗事例から学ぶ
6.女性視点マーケティング成功の鍵
※内容については、業界、商品・店舗、参加者の特性、ご要望に合わせてアレンジします。
※分かりやすく解説するため、「男性」「女性」を類型パターンで示していますが、男女以前に個人差があることを前提にしています。

予測される効果

女性のココロをつかむ”感性” と”スキル” を身に着け、女性視点マーケティングを推進できる人材をつくります

プログラムの大まかな流れ

座学の中に適宜、参加者のアウトプット、ディスカッションの時間を設けます。
3時間バージョンはワークも取り入れ、より深く気づき、学びを導きます。

参加者の声

2018年12月に当プログラムを実施、商社・メーカー・製造・印刷・小売りなどさまざまな企業に所属する女性18名が参加しました。

― アンケート回答17名中、講座の内容に「とても満足」が12名、「やや満足」が5名 ―

【 満足した理由 】

サービス業/
ダイバーシティ
推進

マーケティング・企画のポイント(基礎)が学べた。また講師の説明がわかりやすく、手法がいろいろ体感できてわかりやすかった。

自動車/
設計・企画

自分に足りなかった“男性に伝える技術”に気付き学べた。ワークで様々な女性と意見交換ができ、参加者のレベル・モチベーションの高さに刺激を受けた。

小売/
商品企画・開発

目からウロコ情報がたくさんあった。ワークでは、まったく違う業種の参加者から活発な意見が出て、楽しくスムーズに企画が進行し、結果、思いもよらないようなお客様に響く商品が生まれた。

出版/
経理

初めてマーケティングについて学べて、とても楽しかった。“企業にいる人はみんなマーケティングに関与している“という言葉が印象的。自分は経理なので関係ないと思っていたが、そういった意識を忘れずに業務にあたりたいと思った。

印刷/
制作ディレクショ
ン・企画

自分自身のコミュニケーションの取り方のクセについて知ることができた。ワークを通してたくさんアウトプットできた。同じような環境にいる女性と知り合えた。

広告/
企画営業

自分がなんとなくやっていたこと(見方・考え方)に区切りと整理ができた。また、様々な職種の参加者の考え方、仕事内容など、このセミナーに参加しないと知り得なかったことがたくさんあった。今後、提案するときに、ターゲット・根拠などを明確にしながら、なぜこの提案をしたかをしっかり伝えられるようにしたい。

お気軽にお問い合わせください