店頭での調査を活かした接客・接遇研修

店頭での調査を活かした接客・接遇研修

対象

接客担当者

目的

各企業・現場の課題を解消する接客・接遇力の確立

次のような課題を抱える企業様向け

①覆面調査を永年実施しているが、点数が上がらない。
②競合も考えた接客研修を行いたいが、具体的に何から取り組めばよいか分からない。
③今まで自社流、自己流で指導してきたが、お客様や取引先からの指摘もあり、課題を感じている。
④新人教育に苦戦している。
⑤外国人のお客様が増えているが、対応に自身がなく不安だ。
⑥接客研修の効果がわかりにくい。内容が浸透していない気がする。

プログラムの特徴

現場の課題を調査した上で、本当に必要な「活かせるおもてなし」を指導します。講師の経験から現場が抱える課題への活かせるアドバイスも取り入れた、現場へ持ち帰り、取り組みやすい参加型・実践型プログラムです。

予測される効果

各企業・現場の風土にフィットしたホスピタリティ(おもてなし)が従業員(スタッフ)により、自発的に現れる
マニュアル+αの応対ができるようになる

プログラムの大まかな流れ

1 店頭調査(覆面調査を想定) → 課題解決のためのプログラムご提案
2 接客・接遇研修 → 覆面調査の結果を活かしたトレーニングを実施
 
※オプション
3 OJT 指導者研修 → 現場への浸透度を高める店長(現場指導者クラス)クラスのスキルアップを目的とする研修
4 事後の覆面調査 → 研修の浸透・定着状況をチェック(表彰制度の立案も可能です)

お気軽にお問い合わせください