ビジョンシフトワークショップ

ビジョンシフトワークショップ

対象

内定者・入社2~5年目女性社員 キャリアの志向性を明確にしたい女性社員

目的

主体的に「働き方を構築できる」従業員の育成

プログラムの特徴

「ポジティブ心理学」や「心理的安全性」をベースに考案したオリジナルプログラムです。
「アサーション」スキルを獲得しながら、なりたい自分になるための道筋を描きます。

予測される効果

「個性を最大化した自分らしい働き方」で組織貢献できる人材が生まれます。
周りから規定されてきた「個性」や「既存の女性像」から解放され、自ら心地よく働くことができるようになります。

プログラムの大まかな流れ

事前課題:心理テスト(講師が指定する自己診断ツール)
 

10:00~12:00 ◆自分診断と組織診断
ワークショップを通じて、自分にとって働き心地の良い組織とは何かについて議論
13:00~14:50 ◆働く目的と意義について
自分の人生にとって働くことで得られる「価値」を再構築
15:00~16:50 ◆キャリア形成と組織発達
手の届くところからできるミニイノベーションを発見
17:00~18:00 ◆セルフイノベーション発表
短期・中長期の目標を宣言する

参加者の声

【 このワークショップに参加しようと思った理由 】

現在、自分の周りにいる人と価値観や考え方があまりにも違い、孤独を感じていた。自分の感じ方はそんなに他者と違うのか、確認をしたかった

なんとなくモヤモヤを抱えながら仕事をしていて、このままでいいのかなあ?という気持ちをなんとかしたかった

そろそろ年齢的な分岐点。仕事について「何が1番やりたいのか?」「自分の市場価値は?」「自分は一体どんな人間か?」と考えていたときに丁度この研修の案内が目についた

今の会社での働きに疑問を抱いたから

【 感想 】

漠然と感じていたことが論理的に理解できた

自分が感じていたモヤモヤを他の人も感じていると分かって、ひとりでは無いと安心した

自分自身と向き合う時間ができ、自分を見つめ直すきっかけになった

社外の人と関わることができ、とてもいい刺激になった

資料などもとても充実していて、見直しもしやすく本当に価値のある時間を過ごせた

心理学など、興味はあっても全く知らない分野の話が聞けたのがよかった

ワークで自分がこれまでの人生でそれぞれに費やしてきた時間を初めて数値化したことで驚愕し、今後、考えを新たにしなければ!と思わされた

自分のやりたい仕事しかやらない同僚女性の昇進に納得も理解もできず、これからの自分の働き方を悩んでいたが、このワークショップで自己分析と周囲の状況、また物事のとらえ方などを再確認でき、良い体験となった

お気軽にお問い合わせください